こんばんは!!
ソウルミッションの水乃郭志です。

本編の前にお知らせを。

急なご案内で申し訳ありませんが、今週末の土曜日
2014年9月27日に、ワークショップを開催します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://soulmission.jp/sem/truemission

さて、本日のお題は、使命について、であります。

ソウルミッションでは、自分の本当の使命を知ろう、
という事をテーマにおいて活動しています。

で、この使命、というものなんですが、結構な人が、

 ■ 非常に重たく、しんどいもの

と感じているようなんですよね。

そもそも、使命、という言葉には、一般的な使われ方から、

 ■ やらねばならぬこと

という意味がつきまとってきます。

また、ビジネスの世界では、

「市場拡大と売上向上が、我々の使命である!!」

なんてこという人もいますし、

「社会に貢献し、社会を変えることが私の使命だ!」
なんてことを言う人もいます。

さらには、私たちのような講師業をやっている人などが、

「使命とは、『命を使う』と書きます。

 つまり、命を賭けて行うこと、それが使命なんです!!」

みたいなこと言いますし、私も以前はこんな事しょっちゅう
いってました。

要するに、使命、という言葉を使う人たちって、みんな
この言葉を、

 ■ ものすごく気合いを入れて使う

んですよね。

だから、多くの人が、使命というものを、何か大げさに
捉えてしまい、さほど気合いが入っていない人たちにとっては、
重苦しく、大変なこと、と捉えられてしまうんですよね。

でも、ここ数年で私も考え方が変わってきて、改めて
使命というものを捉え直してみると、そんなに大げさな
ことでも、大変なことでもないことがわかりました。

要するに使命とは、文字通り

 ★ 自分自身が喜ぶ命の使い方

という、ただそれだけのことなんです。

自分自身が、心底喜べるような命の使い方、それを知って、
その通りに生きていく。

なにも、社会を変えようとか、世界に貢献しようとか、
とにかくもう、すごいことをしなければ、なんて考えて、
肩に力を入れる必要は全く無いのです。

ただただ、自分が本当に喜べること、それに取り組んで
生きていくだけなんです。それが、【使命に生きる】って
いうことなんですよね。

でも、ただ自分が喜ぶことをやる、ということで、
果たしていいの? と思う方もいらっしゃるかも
しれません。

でも、私がソウルリーディングでクライアントさんの
使命を読み解いてみると、大抵みんな、自分が喜ぶ
事をやることが、結果的に、「世のため人のため」
になるようなんですよ。

だから、どうか使命というものを、重苦しく考えず、
また、自分の事を脇に置いて、社会に貢献だの、
世界を変えるだの言うことばかりを掲げながら、
自分の使命を勝手にでっち上げたりしないで
くださいね。

という事で、

「使命とは、自分自身が本当に喜ぶ命の使い方である」

ということをお伝えしました。

が、この話には続きがあります。

その続きは、また明日のメルマガで。
 
 

今日のメルマガはいかがでしたか?
面白かったと思ったら、こちらをクリックしてください。

   → http://clap.mag2.com/maedroutri?S201409122

  ※コメントも書けますので、もし良かったら感想、
   または、悩みや質問などをぜひ聞かせて下さい。

   なお、悩みや質問は、メルマガ紙上でお答え
   させて頂きます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 各種サービス・教材・セミナーのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催セミナー

2014年9月27日(土)13:30~16:30

【本当の使命と出会うための自己改革ワークショップ】

ご興味ある方は、こちらをご覧下さい。

http://soulmission.jp/sem/truemission